国領の居酒屋で、看板娘が心の「空き地」を埋めてくれた